多くの人の病気を治療する医療福祉業界の特徴

梅干しの効果

効果的な食材

不妊治療を行なう夫婦は多く、早く子どもが欲しいと感じている人が多いでしょう。不妊症の治療をするために、婦人科に通院し、薬などを服用しながら妊娠するために必要な治療を行っている女性が多いのですが、妊娠を効率的に行なうことが期待できるとして梅干しが注目されています。
妊娠は、精子と卵子が上手く結びつくことによって、行なうことがえできるのですが、卵子をいい状態のまま、維持するために、卵子を守る膜の存在が重要視されています。
卵子を包んでいる膜を酸化から防ぎ、いい状態の卵子を維持するために必要とされているのが、3,4-DHBA成分です。梅干しには、3,4-DHBA成分が含まれており、梅干しを食べることによって、卵子の状態を向上させることができる可能性があります。

卵子と妊娠の関係

梅干しには、抗酸化成分が含まれており、卵子の酸化を防ぎ、老化スピードを遅くする効果があります。
妊娠をする時に、最も重要なのが卵子の状態です。卵子の状態が良ければ妊娠しやすくなり、反対に卵子の状態が悪くなってしまうと
近年の日本は、結婚初婚年齢の平均が上がっており、晩婚化が多く見られるようになっています。女性の卵子は、年齢を重ねることによって、どんどん老化が進行し、妊娠に不利な状態になってしまいます。
卵子の老化は、30代後半から進行するとされており、卵子が老化してしまいますと、卵子の数が減少し、卵子の機能が低下してしまう危険性があります。
多くの不妊症に悩んでいる人々が、病院にて不妊治療を受けて初めて卵子の老化現象を把握することが多いのですが、事前に梅干しなどで卵子の酸化を防ぐことができれば、安心して不妊治療を進めることができます。
不妊治療に大切なのが、お互いの協力です。不妊治療を行なう時に、お互いに責任をなすりつけ合ってしまうと、妊活を効率的に進めることができません。



Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013