多くの人の病気を治療する医療福祉業界の特徴

治療薬

治療に必要な薬

不妊治療には、様々な薬が利用されています。病気の治療には、症状を緩和するために必要な成分が含まれている薬を飲まなければいけません。
不妊治療に使われている薬には、どのような特徴があるのか、しっかりと把握しながら服用しなければいけません。

薬の種類

不妊治療のために使用されている薬には、クロミッドやデュファストン、プレマリンなどが有名です。婦人科で処方されることが多い不妊症の薬なのですが、服用することによって得ることができる効能や、注意しなければいけない副作用についての知識が必要になります。
クロミッドは、排卵誘発ホルモン剤と呼ばれている不妊治療薬で、無月経や、無排卵性月経などの症状に悩んでいる女性のために必要な、排卵誘発をサポートするための薬です。
ただし、服用時は、下腹部の痛みや虚血性視神経症などの副作用が表れることがありますので、気をつけなければいけません。
デュファストンは、抗体ホルモン剤なのですが、無月経や月経周期異常、月経量の異常や機能性子宮出血などの症状に効果を発揮する薬です。
ただし、脳梗塞や心筋梗塞などの副作用の危険性がありますので、服用する時は医師の話をしっかりと聞くことが大切です。
プレマリンは、卵胞ホルモン剤です。薬を飲むことによって、卵巣欠落症状や、卵巣機能不全症などに効能がある治療薬です。
呼吸困難やめまい、血栓症などの副作用が確認されていますので、気をつけながら体内に取り入れましょう。
不妊治療に活用されている薬は、基本的に妊娠しやすい体にするために必要なことで、体の器官を改善し、機能の効果を高めるわけではありませんので、注意が必要です。



Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013