多くの人の病気を治療する医療福祉業界の特徴

原因を理解する

悪影響を与えるもの

不妊治療を行なっている夫婦は多く、なかなか子宝に恵まれない夫婦にとって、不妊治療を行って子どもを授かり、育てることは、大きな夢です。しかし、自分の日常生活によっては、妊娠をすることが難しくなってしまい、不妊治療を効率的に行なうことができなくなってしまいます。
不妊治療を効率的に進めるためにも、妊娠に悪影響を与えてしまう生活習慣を把握し、改善することが大切です。
妊娠に悪影響を与えるのが、体型です。女性は、自分の美しさを維持するために、体型を気にする人が多いのですが、肥満や、痩せ過ぎはホルモンバランスを崩してしまう原因になってしまいます。
また、愛煙家の人も注意が必要です。タバコを吸う女性は、吸わない女性に比べて妊娠しにくくなってしまい、リスクが大きくなってしまいます。
タバコに含まれているニコチンやタールなどの成分は、体に悪影響を与えることが多く、妊娠しても、低出生体重児や、早産のリスクが高くなってしまい、とても危険です。

治療の目的

不妊治療を行なう時は、治療の目的をしっかりと把握しなければいけません。不妊治療は、妊娠しにくい原因を把握し、治療することと、妊娠の可能性を高くすることが基本的な目標です。
妊娠しにくい原因が、排卵である時は、ハウラン誘発剤などの薬を使用して、排卵を促し、妊娠しやすい状態にすることができます。
妊娠を効率的に行なうためには、排卵日を予想するタイミング法や、人工授精を行い、効率的に妊娠しやすい状態にしなければいけません。



Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013